夫が痴漢をして逮捕されましたが、会社員なので、なんとしても10日間の勾留を避けたいのですが、可能でしょうか?

本人が痴漢の被疑事実を認めていて、痴漢の態様程度も悪質ではない場合には、弁護士が担当検察官に勾留請求を見合わせるように働きかけることで検察官が勾留請求を断念することがあります。その際は、弁護士が検察官に対して被害者から示談を取り付ける旨の意見書や妻など家族が出頭要請があった場合には本人を出頭させることを誓約する旨の上申書を検察官に提出することが一般です。
弁護士の働きかけにも関わらず、検察官が勾留請求した場合には、弁護士が勾留請求を審理する裁判官に面会して勾留決定をしないように働きかけをします。働きかけの結果として、勾留決定されないことも少なからずあります。いずれにしても、このような場合には弁護士に早期に刑事弁護を依頼されることをお勧めします。

アクセス

所沢駅西口徒歩2分

埼玉県所沢市日吉町9-23 所沢MKビル4階(地図はこちら

交通

  • 西武池袋線・新宿線所沢駅西口徒歩2分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

所沢を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート